取引を記録に残すことで生き残りと収益増加を企図するブログ

自身のトレードを記録に残すことで自身のトレードを直視し、生き残りと収益増加を企図するブログです。

デイトレ 2021/05/13/木 大調整or暴落3日目・マザーズ8日連続下落

本日のトレードは3銘柄

7527 システムソフト
2021/05/13/木 日足
始値152 高値159 安値148 終値155 -2 -1.27%
前日終値157
買建152(寄付き)
売返済153

下落は続いているが、信用建玉は0なのでいろいろ動きやすい環境。
現物?ボッコボコですが、なにか。

低位株リストを08:15から巡回するが「無風?」ってくらい
パンチのない板と気配ばかり、インプレスあたりがちょっと、お?
となったが、08:40くらいには期待値を感じない板に。

結局、
・成行き売りがはっきりと多い
・買い板が分厚い
・寄り気配付近の売り板が薄い

特徴がでている 7527 システムソフトを寄付きトレードの銘柄として選定。
数日前に決算寄り天大陰線をくらったが、気にしない。

152で寄ってから153をつけるものの、
元気がなくずるずる崩れ一時は148をつける。
売り指値は寄付き時のIFDで154。
かなり苦しくなる。
遅くとも10:00の離脱時にはクローズすることを心に決めながら耐える。
同値撤退か1ティック切りか、いろいろ考えつつも
153の売り板が少し薄くなったので、
まず約定見込みが期待できない154から153に売り指値変更。
好転してきたこともあって粘って約定。
100株残ったけど、まぁ100株ならそのうち約定するだろうし、
仮に暴落しても諦めがつく範囲の損にしかならないと放置。
やっぱり約定した。

結果論から言えば、もっと上での利確等となるが、
自身の取引戦略としては、むしろ寄り付いて早々に153で利確できなかったか。
というのが正当なように思う。

 

7516 マザーズETF
2021/05/13/木 日足
始値825 高値840 安値815 終値848 -22 -2.59%
前日終値848
買建825(寄付き)
売返済827

08:30-08:35くらいかな。めちゃくちゃ成行売りが多かった。
それはともかくとして、「え、指数連動ETFでしょ?」な、
マザーズ先物ならサーキットブレーカーをぶっちぎるようなことになっていた。
全板だと、寄付きで前日終値からの値幅や変動率を表示してくれるから便利である。
んなわけないだろうと監視。
マザーズETF、マーケットメイクあったよな?と思いつつ監視。
何回も前日の15:00時点のマザーズ先物価格と、
現在や深夜のマザーズ先物価格を確認しました。

それにしても、マザーズETFって板薄いし出来高ないですね。
(あとよく日証金で株不足なるから、貸借銘柄だけど微妙なショートでの使いづらさ)
1,000円行かない株価で、1円刻みの板に10,000株程度だと、
大きい資産持ってる人ではトレードする意味を感じないのでは。

08:45-08:50くらいには、むちゃくちゃな乖離はなくなりましたが、
マーケットメイカーのスプレッド値幅くらいの乖離は残っていたので、
寄付き凸。マーケットメイカーの出してる板の手前に利確指したらさっくり約定。
期待値は高かったと思うけど、指数が寄ってから一直線に下がったりする可能性もあるので、それは怖かったです。
マザーズ指数自体は09:00-09:15の期間は一直線に下がってましたが、
特別売り気配になったこっちのETFは09:03に寄り付いてから、
09:04に828をつけてから落ちていきました。





1579 日経レバレッジダブル
2021/05/13/木 日足
始値15750 高値15750 安値15260 終値15340 -810 -5.02%
前日終値16150
買建15350(14:30に買おうと待ち構えるも執行にもたついて上がってから買う)
買建15310(14:55:00近辺に執行となるよう14:54:40くらいから注文)
売返済15340(引け成行き売り)

大陰線は14:30に大底を、そして14:55に再度上昇に転じる。
そんな体感アノマリーに基づくトレード。
しかし、執行の下手さで取れた利益をだいぶ逃す。
14:30に買うと決めてたのもたつき、欲を出して指値を迷ってるうちにおいてかれる。
14350円買建じゃあほとんどエッジは食われちゃってる。
ということもあって、14:55のトレードは倍量で。
うまくいこうがいくまいが、引けでクローズと決めて。
14:55にポジったあとも、全板に表示される引けの気配が15310だったりで、
恐怖にかられつつもトレードを貫徹。
15:00直前でぐぐっと引け気配も歩み値もあがって、15340で引けました。

そういや、早稲田大学の株サークル出身の人が、
引けの成行売りを使った見せ板による株価操縦でだいぶ前に
捕まったりしてましたね。
SECによるなんとかではなく、刑事事件になってた記憶。
DJ全力さんが「警察にお前が教えたんだろとか言われたけど、知らねーっつーの」
とか愚痴ってたおぼえが。DJ全力さんが愚痴ってたのは2018年ごろなんで、
だいぶ経ってからの話です。


AI insideについての記事書こうとか思ってるうちに、Ciメディカルの決算と物流倉庫大型投資のIRが出たり、今日にはPKSHAの決算ともろもろIRでました。
PKSHAのが個人的にかなりネガティブ。
これについてはちゃんと書かないとな。

でかい勝負や決算勝負、ファンダの戦いをしたい思いもありますが、
寄付きの戦いでリズム取れてるので、まずはそちらで勝ちを継続したい。

安易な逆張り 1579 日経平均レバレッジダブル 買建16659

1579 日経平均レバレッジダブル
2021/05/11/火 日足
始値17470 高値17520 安値16580 終値16700 -1100 -6.18%
前日終値17800
買建16659(14:55ごろ)・持ち越し


日経平均関係トレードするとき、レバレッジ買いよりダブルインバースショートのが多いのだが、今回はレバレッジロング。それぞれ指数とのズレ方に少し癖がある。けっこうずれる。

これだけの大陰線、中期的な見通しはともかく一泊二日くらいのスイング目線なら多少はリバると思ってポジション取ったが甘かったか。現在のところ、日経平均先物も米国市場も続落している。余力割合としては抑え目なのが幸いだが。

14:30の大底取れなかったあと、大陰線時の14:55からのピコリバは狙い通りだったが。微益なれど、フルレバでそこだけ取って撤退を狙ったほうがよかったか。

SBIで日経平均ETF取引したのが久々で、手数料無料になってたの忘れていた。
昔は楽天日経平均ETFの手数料が楽天証券は無料なので、それ専用口座を作ろうかとか考えているうちにSBIが日経平均ETFの手数料を無料化してたのだった。
先物の口座を作ることもトレードすることもわたしはまずないので、指数をやるなら今後もレバレッジかダブルインバースの信用取引になると思う。

現在のポジションは明日の寄付きか、遅くとも引けにはクローズする。
朝までに大きな変化が起こって十分な利益がのってたりしたら別だけど。

 

 

日経平均
2021/05/11/火 日足
始値29238.56 高値29289.12 安値28535.36 終値28608.59 -−909.75 -3.08%
前日終値29518.34

日経平均先物
15:00時点 28610
安値28260
高値28700
現在値28290 23:35時点


 

 

微益寄付きスキャ 7897 ホクシン 2021/05/11/火

7897 ホクシン
2021/05/11/火 日足
始値217 高値224 安値203 終値210 -39 -15.66%
前日終値249
買建217(寄付き)
売返済219

 

08:00から低位株リストを巡回。
流動性と変動性という意味で盛り上がりのピークはすぎつつも、
まだまだ出来高がある 7897 ホクシン は有力候補。

5/10 17:00 4Q決算でて、240弱気配なら
まだいけるんじゃないのというのが08:20くらいの所感。
そのころは成行き買いのが20万株くらい成行き売りより上回っていた。

08:35から十数万株単位でどんどん成行き売りが増えていった。
指値の売り板は寄付き気配に追いついてなくて、
全板でみてて寄付きよりけっこう上の部分まで分厚い買い指値
入っていて、特に取り消されていく気配もない。
なので、買い指値が分厚く入ってるところくらいまではリバるかなという想定。

5ティックくらい取れるかなと期待してたが、
やや期待より高い217で寄付き約定。
IFD注文で入れてた売り指値219をそのまま待つ。
一度215まで下落するも、買い板は依然分厚い。
リバって同値の217は固そうなところまでくる。
売り指値の変更もちらりと浮かぶが、もともと大きな利幅を狙ったトレードではなく、また思惑で盛り上がったあとの本決算翌日。地合いもかなり悪いと予想されるタイミングということで、指値は動かさず。そのまま219で約定。2ティック、2円幅という微益でのトレードとなる。

増担保ということもあって、枚数少なくしょぼい結果だが、
勝ったのでよしとする。



 

微益デイトレ 7897 ホクシン 2021/05/07/金

7897 ホクシン
2021/05/07/金 日足
始値219 高値222 安値206 終値208 -15 -6.73%
前日終値223
買建219(寄付き), 217
売返済221(219玉), 217(217玉)

 

木材値上がり思惑で盛り上がっている銘柄。
連休明けで上がったが、その翌日。

 

08:20から気配みていって、成行き売りが大きく、買い板がぶ厚かった。
その他の銘柄もみていたが、昨日まあまあ勝てたこともあって、
今日は少額でいいから、連勝を狙う。
219で寄ったが、イメージしていたのは210あたりの寄り。
そっから7-8円値幅、よくて220あたりで10円値幅あたりを期待してた。
寄り直前にあわてて指値切り上げる必要あったし、217は上げきらなかった注文の分だった。その意味で寄った時点でエッジはだいぶ食われていた。

 

 

寄ってからはいまいち元気がなく、
分厚い買い板はあっても、だれも上値を買ってくれない。
うーん、微妙と思っているうちに安値215をつける。
ここで、217玉の同値撤退の返済売り指値を入れる。
少ない方の玉の217同値撤退し、動きをみていると少し元気になってきた。
IFD注文していることもあり221売り指値の中では前の方ということもあって、
粘って待って、2円値幅抜き。
増担保ということもあって、しょっぱい利益だったが、
今日は、勝ちを続けることが大事。
丸とする。

 

 

 

 

遅い反省 2021/04/23/金 1514 住石HD

sageman.hatenablog.com

 

上記の翌日

1514 住石HD
2021/04/23/金 日足
始値143 高値144 安値128 終値129
前日終値139
買建144(前日持ち越し)
売返済139, 139, 129, 131, 129, 131.3

PTSで売るべきだった。
PTSで売るべきだった。
PTSで売るべきだった。
PTSで売るべきだった。
PTSで売るべきだった。

 

今回は現引きからのPTS売りはできはずなのでそうすべきだった。
そして、寄付きで逃げるべきだった。
前日の終値のときは「ちょっとリバるはず」くらいの見通しだった。
なのに、幻のPTSに引きずられて、寄ってからも欲をかいた。
そして負けた。

欲望に負けた。
敵は自分自身。

 

遅い反省 7527 システムソフト 決算後爆死 2021/04/28/水

7527 システムソフト
2021/04/28/水 日足
始値177 高値182 安値160 終値160
前日終値163
買建177 売返済169.2, 160, 169.4, 169.3

決算勝負で死んだわけじゃない。
けっこうよさげな決算の寄り天に捕まって死んだ。
ファンダメンタルで勝負しようとしたわけじゃない、
需給とデイトレの下手さで死んだ。

寄付きで過去チャートの天井圏を超えそうかなと、時価総額140億円くらいなら、黒字転換このくらいの利益なら後から突っ込み買いがくるかなという期待。
結果、寄り天。

170くらいや、そのもっと前に全損切りしてればまだ傷が浅かった。
自分の間違い、ミス、愚かさ、損失に向き合い切れず、半分を残し引けで全損切り
172-174とかで損切りできてれば、引けで再度ロングとかもできたかもしれない。

ただ、半分でも169台で切れただけ、まだまし。

 

 

寄付きデイトレ 2021/05/06/木 7831 ウイルコ

7831 ウイルコHD
2021/05/06/木 日足
始値216 高値259 安値216 終値256 +48 +23.08%
買建216(寄付き)
売返済226

08:35くらいから気配見始めて、ウイルコホクシンをピック。
ウイルコは最初のほうは16万株くらいの成行き売りで、
それに対して成行き買いは6万株とか、それがどんどんどんどん増えていって、
気配もそれに応じて上がっていく。
元は大きな成行き売りでの売り枯れからのリバを狙ってたが、
寄付きの買い指値をあわてて切り上げないと約定しないような事態だった。
枚数は多め。
IFD注文で寄付き買い220くらい指値216約定、226売り。約定。
10時ごろに一度256つけて、232まで下がってgdgdしたのち、
引け5分前にまたドーンと上昇。
昨日の出来高を上回る大陽線、明日も期待できるかもしれない。
半益で半分持ち越してたら等たらればは思うが、今日は勝ったことが多い。
2つ続けて大きく負けてたし。この勝ちでだいぶ取り戻せた。